スノーボードのインナーウェアは体質や天候に合わせて変えよう

インナーウェアは体質や天候に合わせて変えよう

ゲレンデは極寒の冬山。特に止まっている時間がどうしても長くなりがちな初心者のうちは、ウェアの中に着るインナーに注意が必要です。

実際に調べたわけではありませんが、ほとんどのスノーボーダーやスキーヤーはユニクロのヒートテックを愛用しているはず。薄い肌着なのに抜群な保温性。厚着をする必要もなく、まさに体を動かすウィンタースポーツにぴったりなインナーです。

しかし、いざヒートテックを着てその上にスウェットを着ると意外と暑かったりもします。そもそも、ヒートテックは汗によって発熱する仕組みで、一度暑いと感じると、もうあとは体温が上がる一方。寒いはずのゲレンデが、なぜか一人サウナ状態なんてこともあります。

ですので、もともと汗をかきやすい体質の方は逆にヒートテックを着ない方がいいという場合もあるんです。

あとは、同じ格好をでも吹雪の時とピーカン(快晴)の時では体温も変化します。ですので、気温や天候によってインナーウェアも柔軟に変えるようにするといいでしょう。

この記事にいいね!しよう

公式FBページで最新情報をお届け!

北海道スキー&スノーボードツアーのジェイトリップ

あたなにオススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。